FlowMix® MD
ポリマー分解ステーション ノンフーズ

ポリマー溶液の効果的生産に

INDAG ポリマー溶解システム FlowMix®MD は、液体ポリマー用の単段式連続溶解および供給システムです。システムの心臓部はINDAG混合ポンプであり、供給プロセス中に溶解プロセスに必要な混合エネルギーを動的に適用します。

混合ポンプは、溶媒水とポリマーを2つの個別の供給ポートを介して混合ポンプの吸引チャンバーに送ります。必要な混合エネルギーは、ポリマーが水と出会うポイントで正確に供給されます。ポリマーは突然、大きな表面積を持つ三次元ネットワーク構造を形成します。作業溶液は、混合ポンプの圧力側ですでに使用可能です。熟成時間(熟成時間= 3次元ネットワーク構造の形成に必要な時間)は、使用するポリマーには必要ありません。チャンバーシステムでよく見られるダマの形成は、高い混合エネルギーによって防止されます。

したがって、使用されるポリマーは経済的かつ効果的に溶液になります。これにより、従来の溶解技術と比較してポリマーの消費量が削減されます。 FlowMix は、排水、増粘機または浮選装置に直接接続して使用できます。

あるいは、レベルセンサーを装備したバッファータンクを使用することもできます。 FlowMix は、最小接触を介してオンになり、最大接触を介してオフになります。次に、フィードポンプと流量計をバッファタンクの後ろに設置する必要があります。

 

FlowMix® MD のメリット

  • コリオリ式 質量流量計によるポリマーの正確な分注
  • 等質的混合物
  • コンパクトな省スペース設計
  • 連続操業
  • 大型攪拌容器やバッファ容器が不要
  • 直接効果を発揮する高い攪拌力、電荷密度が高いポリマー溶液
  • 乾燥重量が大きい
  • ポリマーを節約でき経済的

プラント出力
300 l/h~24,000 l/h

濃度
標準: 0.05%~1% PE成分、その他の仕様も可能

寸法
EUROサイズ (1500 x 1000 x 1300)

コントローラ
SIEMENS SPS S7

操作
シーメンスタッチパネル 容量と濃度は規定値に調節されます。

電気接続部
110V~440V、50 Hz/60Hz、回転交流

粘度
最大5,000mPas

圧力高さ
最大30m

材質
1.4301 (AISI 304)、1.4404 (AISI 316L)、製品は1.4539とも接触

FlowMix® MD プラント出力

型式単位FLOWMIX 125FLOWMIX 230FLOWMIX 325FLOWMIX 345FLOWMIX 435
出力範囲l/h300-1.600700-3.6001.200-6.0002.400-12.0004.800-24.000
ポリマー量l/h1-152-304-606-908-120
濃度範囲%0,05-1,000,05-1,000,05-1,000,05-1,000,05-1,00
最大粘度mPas5,0005,0005,0005,0005,000
圧力高さm1525303030
技術的変更は予告なくありえます。

FlowMix® MD の寸法

型式寸法単位FLOWMIX 125FLOWMIX 230FLOWMIX 325FLOWMIX 345FLOWMIX 435
長さmm1,5201,52015201.520ご相談ください
mm1,0001,0001,0001,000ご相談ください
高さmm1,6001,6001,6001,600ご相談ください
重量kg210240280320ご相談ください
ポリマー接続部Zoll1111ご相談ください
水接続部Zoll111 ½1 ½ご相談ください
溶液接続部Zoll111 ½2ご相談ください

シュレンツ氏

ボルクホルツハウゼン水処理場水プラント長

 

FlowMix ユーザー談:

ユーザー談:ボルクホルツハウゼン水処理場水プラント長シュレンツ氏:

INDAG からの質問:  これまで19年間 (1999 年 6 月納入) にFlowMixで基本的な体験としてどんなことができましたか?

シュレンツ氏の回答 (ボルクホルツハウゼン水処理場水プラント長):

  • プラント高可用性
  • 低メンテナンスコスト
  • テストシリーズなどのために迅速な製品切り替えのために非常に適している
  • 攪拌出力が高いので熟成時間が短い、熟成容器付きプラントよりポリマー消費が高くない。
  • プラントは週2日しか稼働せず、脱水のために常に新鮮な製品を得られ、混合チャンバープラントから出るような古い残留物が無い
  • 障害時にINDAGサービスの迅速なヘルプ
  • 電話でのサポート抜群

INDAG からの質問:  デカンター後の脱水成果はいかがでしたか?

シュレンツ氏の回答:  脱水成果は多くの境界条件に依存しています。高粘度汚泥、冷温汚泥、汚泥内の有機成分、溶液の汚泥への攪拌出力など。

INDAG からの質問:  FlowMix はポリマー溶液完成品を連続生産できます。ご経験からしてポリマー溶液に追加の熟成時間/滞留時間が必要ですか? そのご判断の根拠もお聞かせください?

シュレンツ氏の回答:  いかにという疑問も批判的に検討する必要があるので、多くのバリエーションを試験して評価しました、製品を長い配管に通し、中間には熟成容器を設置しました。検出可能な相違が認められませんでした。試験のまとめ、水温度、溶液の強度、攪拌出力、溶液と汚泥の接触時間は安定的フレークと良好な脱水効果のために重要な要因です。

Scroll to top