沿革

代表取締役社長工学修士
Wilko Willuhn

1953 年、INDAG Maschinenbau GmbH をマーティン・ヴィルーンが設立しました。

当時は高粘度製品を送るには、マーティン・ヴィルーンが開発した内部歯車式容積型ポンプしかありませんでした。ポンプと一貫ミキサーは食品工業と化学業界専用に生産していました。個別ポンプやミキサーや登録商標 FlowMix® として周知のプラント一式の開発により事業拡大のための決定的な前進ができました。こうして 2001 年に先端の生産工場とオフィススペースを持つ新設社屋に移転しました。弊社は今日に至るまでマーティン・ヴィルーンの子供で現経営者ヴィルコ・ヴィルーン工学修士がトップとして家族経営体です。60 年を超える経験に基づいて INDAG は液体混合分野のスペシャリストになりました。多彩な業界にご奉仕しているため新たな複雑な課題の解決に有用な相乗効果が生まれます。開発・生産とも最先端技術を指向しています。

今日、最先端 CAD システム、高度に柔軟な加工、洗練された生産計画・生産ロジスティクス、統合品質保証プロセスが特徴です。これらの標準を継続的に改善しています。品質理念は製品開発から材料仕入れ部門、加工からマーケティング、販売、サービスまで社内全部門に行き渡っています。

Scroll to top